本文へスキップ

学ぼう <江戸東京の文化> そして、未来へ

  


最新の催事(会員・会員同伴者限定の催し物)


見学会
   九品仏浄真寺と等々力渓谷
                    
【企画担当責任者】川上由美子(事業部会)
◆国分寺崖線(多摩川が武蔵野台地を削ってできた河岸段丘)の南端の台地部分を巡ります。ここは古くから人間の営みと深い関わりがあり、「古代の有力者の墓=野毛大塚古墳」「中世の城跡に建てられた寺院=九品仏浄真寺」「23区唯一の渓谷=等々力渓谷」などの多様な側面を持つ地域です。自然と歴史の両面から東京の来歴を学ぶことのできるコースをお楽しみください。
 【一部区間で電車利用、等々力駅→九品仏駅間、130円】
 【コース最後の九品仏浄真寺のみ集印可】
 開催日  12月10日(日)受付後順次出発 時間厳守
 受付開始  12時15分  受付終了:12時45分
 集合場所  東急大井町線「上野毛」駅正面改札出口集合/東急大井町線「九品仏」駅解散/所要時間は約3時間
 申込締切  11月30日(木)必着
 定  員  150人 同伴者可(はがきに氏名、住所、電話番号連記)
 参加費  会員、同伴者とも500円(当日払い)
見学会
   都内で一番古く、充実した“谷中七福神”をめぐる!
                    
【企画担当責任者】宮 俊(事業部会)
◆元旦から7日までの間に七福神を祀る社寺を巡拝してその年の福運を祈願する行事です。行程は田端駅に集合して東覚寺(福禄寿)→青雲寺(恵美寿)→修性院(布袋尊)→天王寺(毘沙門天)→長安寺(寿老人)→護国院(大黒天)→不忍池弁天堂(弁財天)と巡り不忍池弁天堂前で解散とします。谷中七福神めぐりは享和年間(1801~1804)に始まったとされ、北・荒川・台東の3区にまたがる約3.5kmの行程で、神社は入っておらず寺院だけで7カ所の七福 神詣です。谷中七福神も「恵比寿・大黒:神田明神・上 野清水堂」「大黒:日暮里の経王寺」「毘沙門天:谷中の本通寺」等々とすることもあったようです。
 新年早々、七福神をめぐって晴れ晴れとした一年間を過 ごしましょう。 なお、申し込みはお早めに!
 開催日  1月7日(日)受付後順次出発 時間厳守
 受付開始  12時15分  受付終了:12時45分
 集合場所  JR 山手線・京浜東北線「田端」駅北口改札出口
 申込締切  12月21日(木)必着
 定  員  150人 同伴者可(はがきに氏名、住所、電話番号連記)
 参加費  会員、同伴者とも500円(当日払い)

バナースペース

江戸東京博物館友の会

〒130-0015
東京都墨田区横網1-4-1

TEL 03-3626-9910